ガードルのお腹引き締め効果は?

ガードルのお腹引き締め効果はどうなの!?

 

ガードルは、ウエスト周りやヒップなどのスタイルケアを目的に使用する方が多いようですが、お腹引き締めの効果は本当にあるのか実態に迫りました。

 

(ガードルのタイプから効果を検証!)

 

ガードルには、ハイウエストやジャストウエスト、ローウエストなどの種類があり、それぞれ期待できる効果は変わります。

 

・ハイウエストのガードル
ハイウエストのガードルは、高い位置からウエストを引き締める効果が期待できるため、クビレをつくりたい方や身体全体のシルエットをキレイに魅せたい方に向いています。

 

・ジャストウエストのガードル
ジャストウエストのガードルは、おへそが隠れる位の丈が主流で、お腹引き締めの効果を期待する方におすすめです。

 

また、ローウエストのガードルは、ローライズパンツを履く時に向いているので、お腹引き締めの効果を期待するなら、ハイウエストかジャストウエストのガードルが向いています。

 

(ガードルのお腹引き締め効果を検証!)

 

ガードルは、商品によって生地の厚さや特徴に違いがあり、期待できるお腹引き締めの効果は変わります。

 

・生地が厚いガードル
ガードルの生地が厚いと、強いお腹引き締めの効果が期待できるものの強い圧迫感があり、長く履き続けるのは難しい傾向です。

 

・生地が薄いガードル
薄い生地のガードルは、履きやすく圧迫感が少ないというメリットがありますが、低耐久性やお腹引き締めの効果は低めなどのデメリットが考えられます。

 

そのため、お腹引き締めの効果を重視してガードルを選ぶ場合は、『薄くなく厚くない』というタイプのガードルがおすすめです。

 

 

 

ガードルは履いたほうがいいの?

 

ボディメイクにガードルを履く方が多いようですが、人によっては『ガードルを履いたほうがいいの?』と疑問の方もいると思います。
そこで、ガードルのメリットやデメリットから、履いたほうがいいのか検証しました。

 

(ガードルのデメリットは?)

 

・圧迫感を感じるケースも
ガードルの種類によっては、引き締め圧が強いケースもあるので、圧迫感が苦手な方からするとデメリットになりがちです。

 

・肌トラブルや血行不良
通気性の悪いガードルを履くと、肌トラブルの原因になる場合があり、体型に合わないガードルだと血行不良を招く可能性があります。

 

ガードルのデメリットを調べたところ、『ガードルは履いたほうがいいの?』と感じるものの、サイズや素材、機能性などに着目して商品を選べば、ガードルのデメリットを回避できると思います。

 

(ガードルのメリットは?)

 

・ウエスト周りの引き締め
ガードルは、ウエスト周りを引き締める効果が期待でき、商品によっては骨盤サポートにもアプローチします。

 

また、ジャストウエストやハイウエストのガードルは、クビレをキレイにする働きが期待できるので、ガードルは履いたほうがいいの?というより、履いた方が効率的なボディメイクを目指せます。

 

・美尻ケアや冷えケア
ガードルを履くと、ヒップアップや冷えケアなどの効果が期待できるので、ガードルを履くメリットは沢山あります。

 

ガードルのメリット・デメリットを調査した結果、メリットの方が多いと思いますので、『履いたほうがいいの?』と悩んでいる方は、まずは実際に履いてみる選択をおすすめします。

 

一方、自分の体型や目的に合わないガードルを履くと、『ガードルを履いたほうがいいの?』という気持ちになりがちなため、ガードルは商品選びも大切なポイントです。

 

 

効果を求めるとお腹の締め付けがつらい

 

ガードルは、パンツスタイルの時によくはくのですが、きれいなラインを出そうとするとウエスト締め付けるタイプが多く、お腹がとても苦しくなります。

 

座るとお腹のお肉がのってしまうこともあるので、どおうしても上はゆったり目の洋服が多くなってしまいます。
また、体重の変化が夏と冬でおこりやすいので、太った時にはもう無理だと思うくらいに苦しくなります。
30代後半になるので、ヒップが落ちてきていますし、身体のラインは綺麗にだしたいと思っていますが、苦しいのは1日中とてもつらく感じます。

 

ウエストが緩いとサイズ的にも大きい気がしますし、どうしても効果がないのではないかと思ってしまいます。

 

自分にどのサイズのガードルが合うのかもよく分からず、ちがう種類を数着もっているだけなので、自分に合うものを見つけて、それをずっと使っていきたいなという希望があります。

 

金額は多少高くてもそれなりに良いガードルが欲しいと思っているのですが、自分に合うものがみつかりません。

 

 

着用している蒸れがひどくで履くのをやめました

 

ガードルを最近まで着用していたのですが、蒸れがひどく、下半身から汗臭いニオイが出たりするが悩みであったため、今は一時的に着用するをやめている感じとなっていて、圧迫感も少しばかりストレスを感じる原因となっているため、着用を一時的にやめてから精神的にも楽になった感じであります。

 

ガードルは色々なメーカーやブランドが出したりしておりますが、買うなら有名なところが出しているものがおすすめであり、自分が使っているのはそれなりに名が知られているところではありますが、ネットの口コミや評価では微妙な感じのものであったため、半信半疑で使っておりましたが、着用しての効果はいまいちな感じであります。

 

ガードルというのはサイズも少し小さめに作られていて、圧迫感とか締めつけ感とかも感じることがあるので長時間はいていると違和感を感じつつもストレスを感じる場合もあります。

 

蒸れがひどいと汗がじんわり出てきたりするため、あの感覚はなんというか、不快な気分を与えるため、ほんとに悩みであり、いま一時的に着用するのをやめて正解だったなと思っています。

 

 

 

あの締めつけ感に悩まされました

 

ガードルを以前つかっていたことがありましたが、ガードル特有の締めつけ感とかに悩まされていたため、半年ぐらい使って使用するのを辞めてしまい、いまは加圧スパッツとかを履いて脚痩せとか腹部のシェイプアップとかをしている感じとなっています。

 

ガードルというのはサイズも少し小さめに作られているため、適正のサイズであってもちょっとサイズが小さくできているので着用した時のフィット感とかは良かったのですが、長時間履いていると締めつけ感がだんだん強くなってしまい、逆にイライラしてしまうことがあり、体調を崩してしまった経験があります。

 

あの特有の締めつけ感とか圧迫感はほんとに悩みであり、なんとか頑張って半年ぐらいは履き続けていくことができましたが、限界を感じて手放したのであります。

 

ガードルをつけて過ごしていたりすると引き締めとかダイエット効果はあったりするのは確かでありますが、相性というものがあるため、これからガードルを買おうとしている方はしっかりと情報収集をしたあとに検討をして自分にあっているものかどうなのかということをふまえて購入するようにお願いします。